2016年7月17日 13:14

ダイエットと眠りの豆知識 その1

            

こんにちは(^^) 快眠アドバイザーのちゃきちゃき娘の陽子ですface_Happy2

しばらくお休みしておりましたが、豆知識復活です!

昨年1月からダイエットを開始し、当初より30kgの減量に成功しました♪

 

12931045_970879689662117_778429343093281508_n.jpg

 

夏も近づき、店頭でダイエットの相談を受けることも多くなったので私も意識して行動しているダイエットと眠りについて豆知識で書いていきたいと思いますemo_shine

 

ダイエットは、食事と運動と睡眠のバランスが大事となっております。

 

まずは、ダイエットの黄金比 食事:睡眠:運動=5:3:2で意識するようにしてみてください。

食事:ダイエット成功の鍵は食事。自分に合う食べ方を知って賢く痩せる。

血糖値の急な上昇を避けるだけでもダイエットに有利。

そのためには食べる順序を見直しましょう。

さらに自分の生活習慣に応じて、食事の内容をどこから改善するとよいか考えて頂けたらと思います。

食事に関しましては、以前書いた脱・肥満県 宮崎の未来を考えるシンポジウムのブログを読んで頂けたらと思います(^^)

 

睡眠:睡眠不足の人は太りやすい?痩せやすくなる眠り方がありました。

午前3時までに寝て3時間ぐっすり眠り、合計で7時間睡眠を続けると、それだけで300キロカロリーを消費することができます。

寝不足になると約100キロカロリーしか消費しないうえ、肥満率も増加するので太りやすい身体になりがちです。

⇒今後順追って、豆知識で紹介していきます♪

 

運動:運動だけでの減量は難しい。筋肉量を落とさない簡単な運動で充分。

運動でエネルギーを消費するのは大変ですが、リバウンドしにくい体質になる為の運動なら、短時間ですし、つらくありません。

ダイエット中はむしろ最小限の努力で、効率よく、気持ち良く身体を動かしましょう。

1日10分程度でよいと思います。

 

ダイエットは極端な方法で一時的に成功しても、体と心に余計な負担をかけるのはメリットよりもデメリットのほうが大きい。

せっかく痩せても健康的な魅力が失われたら残念です。

運動だけ必死にがんばるのは、賢いやり方ではありません。

過酷な食事制限は、肌荒れや骨粗しょう症といった健康面のデメリットの他、もちろん美容にもよくない。

「5:3:2の黄金比を念頭に、まず食事を見直し、つぎに睡眠で生活リズムとストレスをケアすることが意外に重要です。

運動は、食事と睡眠のよい習慣が身についてから、徐々に始めるくらいでも大丈夫です」

 

私の今回のダイエットは、元が92kgと標準の2倍以上の体重からスタートだったので、内科医の先生に受診しながら、食事・運動を見つめ直し、血液検査を行って体の健康状態を確認しながら行いました。

ダイエットで一番重要なことは、自分が変わりたい!変わるまでやり続ける!という覚悟です。

痩せたい体は、他人の身体ではなく自分の一生付き合っていかないといけない身体です。

自分の行動が変われば、自ずと体型も変わっていきます。

なりたい自分の姿まで頑張りましょう!(^^)

今年の年初めに立てた課題も折り返しとなってきました!

必達させるよう頑張ります♪それでは、また来週♪

 

10620631_911277432289010_9010966418948233916_n.jpg

 

コメントする

プロフィール

松田陽子(Yoko Matsuda)

誕生日
1986年12月10日
好きな食べ物
ラーメン・肉・柑橘類
座右の銘
猪突猛進
好きなキャラクター
カピバラ
得意な料理
チキン南蛮・ケーキなど製菓
特技
詩吟・親子漫才(笑)
趣味
街を探索・UFOキャッチャー・雑貨めぐり
一言
2010年2月より不動産業からふとん製造業を学ばせて頂くことになりました。
2011年12月に息子を出産し、1児の母です(^^)
2012年8月から延岡の地域ラジオ『FMのべおか』にて毎週木曜日16時から16時55分までちゃきちゃき娘の愛称で『眠りの相談室』をお送りしております。
毎週日曜日にはふとん屋の豆知識を平日は日々の出来事をコンスタントにUPしたいと思います。
よろしくお願いします!

ツイッターでつぶやき中

月別

このページの先頭へ戻る